アス地下のプロが教えるテクニック プロテクアス地下のプロが教えるテクニック プロテク

教えてくれるのはこだわりや 西川さん 食器も肌もピカピカに!油汚れのやさしい落とし方教えてくれるのはこだわりや 西川さん 食器も肌もピカピカに!油汚れのやさしい落とし方

    • 環境だけでなく肌にも優しい石鹸

      多くの方が食器洗いといえば洗剤というイメージを持ってると思うのですが食器を洗う「石鹸」というものもあるのです。石鹸の特徴として油を吸収する洗剤とは違い、石鹸は油を分解してくれるので環境に優しいだけでなく、手の脂が吸われにくいのも嬉しい特徴です。
      乾燥しがちな冬場はもちろん、そうでない時期でも洗ったあとの手の感覚が違うので、ぜひ一度試していただきたいと思います。

    • こだわりやイメージ画像
    • 洗い方の工夫でぐんと汚れが落ちやすく

      最初は洗剤と比べると、洗浄力は弱く感じてしまうかもしれません。ただ、一工夫で石鹸でも汚れをスッキリ落とすことができます。
      まず、不要な布などで油よごれを拭き取り、水洗いします。不要になった布巾などをとっておき、使用することでゴミも減らせてより環境に優しい洗い方ができます。その後石鹸で洗い、流水で洗えばピカピカになります。

    • こだわりやイメージ画像
こだわりや店舗画像

プロテクを持っている 西川さんがいるお店

こだわりやは全国の体にいい商品はもちろん、ここでしか買えないオリジナル商品も取り揃えている。店長こだわりのスーパーではなかなか見ることのない美味しいお菓子が充実しているのもこだわりや田無店の特徴。アトピーやアレルギーから子供の食べさせる食品の相談まで親身にアドバイスに乗ってくれるのも魅力。
人と環境に優しい商品と優しくアドバイスをくれる店長のいるこだわりやはアス地下で。

  • こだわりやイメージ画像
  • こだわりや地図

教えてくれるのはフレッシュクローバー天間さん フルーツの魅力を再発見!自分好みのいちごの見つけ方教えてくれるのはフレッシュクローバー天間さん フルーツの魅力を再発見!自分好みのいちごの見つけ方

    • 自分好みのいちごに出会う

      一口に「いちご」と言っても様々な種類があり、それぞれ酸味、甘み、香り、食感などで好みがあります。酸味と甘味のバランスがいい 「とちおとめ」、酸味が控えめで味が濃い「あまおう」、「ゆうべに」は食感はしっかりしているが酸っぱさが少ないのでお子さんなどにも人気です。そんなお客様の好みを聞き出し、ピッタリのフルーツに出会えるきっかけを作れればと思っています。

    • フレッシュクローバーイメージ画像
    • フルーツの様々な楽しみ方

      生食で、美味しく食べてもらうのもいいですが、低価格ないちごなどを見つけた時にはジャムづくりなどもおすすめです。
      ジャム作りって敷居が高いイメージですが、実はとても簡単で鍋、いちご、砂糖、レモンがあればできちゃうのです。無添加の手作りジャムは市販のものにまさる美味しさで、子供も一緒になって楽しんで作ったり美味しいと喜んでくれてます。

    • フレッシュクローバーイメージ画像
フレッシュクローバー店舗画像

プロテクを持っている 天間さんがいるお店

アス地下の活気があふれる声に導かれた場所にあるフレッシュクローバー。
お客様の好みを聞きながら、アドバイスをしてくれたり、おすすめ商品から晩ごはんの相談にのってくれたりと人情味あふれるお店。
野菜や果物を楽しんでもらえるよう、買いやすい値段で旬の美味しいものを提供できるように仕入れも行っているお客様目線の八百屋です。

  • フレッシュクローバーイメージ画像
  • フレッシュクローバー地図

教えてくれるのは浜作 仲村さん 旨さは脂ののり具合!アジの干物の選び方焼き方教えてくれるのは浜作 仲村さん 旨さは脂ののり具合!アジの干物の選び方焼き方

    • おいしいアジの干物の見極め方

      アジは脂ののりが旨さの秘訣。真アジが特に脂が乗っておすすめです。その中でも脂の多いアジの干物の見極めるポイントはお腹の膨らみ。このお腹に部分に膨らみが多いほど脂が乗ってて美味しいアジなのです。赤い身になっているアジは時間が立って劣化していることもあるので、白いものが特にいい品になってます。買うときに傷がついてないか見るのも大事なポイントです。

    • 浜作イメージ画像
    • アジの干物おいしい焼き方

      どんなに美味しいお魚でも焼き過ぎでは美味しさが損なわれてしまいます。干物は水分が生魚より少なく早く焼けます。焼けるときはジュージュー、焼けたらバチバチに音が変わるのでその音を聞きながら焼け具合を見てあげてください。日本酒を少しかけてあげるとよりふっくらに、冷凍の魚の場合急に溶かすと水と一緒に美味しさも出てきてしまうので、極力冷蔵庫での解凍をおすすめしてます。また、グリルも事前に温めておくのも魚の旨味を逃さないポイントです。

    • 浜作イメージ画像
浜作店舗画像

プロテクを持っている 仲村さんがいるお店

浜作さんは魚を比較し、より美味しい魚をお客様に届けるため、築地での仕入れには夜から行き、朝まで時間を待ち、より良い商品を手に入れているこだわり。
商品はアジだけでも現在4種類を取り扱っており、朝ごはん用の小さめサイズという用途に合わせた選択や、予算に合わせた選択もできるうれしい品揃えのお店。お店一番人気の肉厚の鮭は、一度食べたらほとんどの人がリピーターになるほどの美味しさでファンを増やしてます。

  • 浜作イメージ画像
  • 浜作地図

教えてくれるのはジュピターコーヒー 猪羽さん 自宅で手軽においしいコーヒーのいれ方教えてくれるのはジュピターコーヒー 猪羽さん 自宅で手軽においしいコーヒーのいれ方

    • 入れる前の準備がポイント

      まずはじめにコーヒーペーパーは底と側面のチャック止め(接合)の部分を前後互いに折り曲げ、ドリッパーにピッタリとつけます。メジャーカップだとすりきり1杯の約10gで120mlのコーヒーをいれる事ができます。家にコーヒー用のメジャーカップがない方はコーヒースプーン3杯でも代用できます。1人分いれるならやや多め、3人など大人数の場合はやや少なめにいれるのもおいしさのコツです。ぜひお好みの粉の量を見つけてください。

    • ジュピターコーヒーイメージ画像
    • お湯の注ぎかた

      完全に沸騰したあとの95℃ぐらいのお湯を粉全体が湿る程度に少しづつ注ぎ、30~40秒蒸らします。蒸らすことと、ドリッパーの縁についた粉を落とさない事がおいしさのポイントです。また、外側に注ぐと粉表面の苦味が出やすく、薄いコーヒーになりやすいので注意が必要です。お湯は中心で小さく「の」の字を書くように注ぎます。蒸らしが終わったら人数分のお湯を5~6回に分けて粉をふくらませるように注いだら出来上がりです。抽出時間の目安は3分の間にお湯の温度が下がらないよう注意しましょう。

    • ジュピターコーヒーイメージ画像
ジュピターコーヒー店舗画像

プロテクを持っている 猪羽さんがいるお店

輸入食品を豊富に揃え、コーヒー、ワイン、海外のお菓子や食品と普通のスーパーでは買えない商品を豊富に取り揃えるジュピターコーヒーさん。店頭で販売しているコーヒー豆はアラビカ種100%。生豆の芯から焼き上げる直火式自家焙煎だから香りとコク、甘みが一味違う。日替わりでコーヒーの試飲も行っているので新しいコーヒーとの出会えるのも魅力。月一回行うコーヒー豆のセール日をお店でチェックしておくとおトクにお買い物ができます。

  • ジュピターコーヒーイメージ画像
  • ジュピターコーヒー地図

教えてくれるのはニュー・クイック 廣井さん お肉屋さんが教えるステーキのおいしい焼き方教えてくれるのはニュー・クイック 廣井さん お肉屋さんが教えるステーキのおいしい焼き方

    • ポイントは常温にしておく

      牛肉を焼く前に冷蔵庫から出しておきます。常温にすることで火が入りやすくなるんです。塩コショウを均一に振ってフライパンで強火で熱し肉の表面を30秒程度一気に焼きます。余分な油をキッチンペーパーで拭き取ることで肉の臭みも軽減できます。その後中火にしたらひっくり返してお好みの加減まで焼いてください。

    • ニュー・クイックイメージ画像
    • 好みのステーキにするため

      肉の種類によっても好みが変わってくるので脂身が苦手な方はもも肉、脂が乗っているものはサーロインなどがおすすめです。焼き時間の目安として1.5cm厚の肉だとレアだと中火で60秒程、ミディアムだと中火で120秒程、ウェルダンだと180秒程が目安になってきます。
      ソースも最近では、市販のもの美味しいので、失敗したくない!手間がかかるという方には市販のソースで好みの味のものを探すのもおすすめです。

    • ニュー・クイックイメージ画像
ニュー・クイック店舗画像

プロテクを持っている 廣井さんがいるお店

様々なシーンに合ったお肉を取り揃え、エサから生育環境に至るまで管理を行っている雲仙プライムポーク「極」や雲仙クリーンポークといったオリジナルブランドのお肉も展開。焼くだけの味付け肉や、お皿に並べるだけで1品となる揚げ物や炒めものなどのお惣菜も数多く揃えるので、主婦や一人暮らし、老若男女の幅広い層から支持を受けるお店です。

  • ニュー・クイックイメージ画像
  • ニュー・クイック地図

※写真は2020年2月の取材時のもので実際の値段・取扱商品が異なる場合がございます。

ページトップ